bumble(バンブル)の使い方と評判|女性からメッセージがくるか試してみた。

bumbleのアプリアイコン

bumble(バンブル)はアメリカで2015年に、リリースされたちょっと変わったマッチング・コミュニケーションアプリだ。

アプリはAndroid版、iOS版ともに対応しており、アプリのダウンロード数は500万件を超えている。

 

女性主導のマッチングアプリ

bumbleのちょっと変わった特徴とは・・・

・マッチング後のメッセージ開始は女性からしかできない

・メッセージを受けた男性は24時間以内に返信しないとマッチングは消滅する

というものだが、この2つは限りなく女性に配慮したマッチングシステムといえる。

bumbleのレディーファースト

 

気軽に女性からメールが送れる

そもそもマッチングアプリにおいて女性側からアプローチすることは、「必死さ」だったり、「がっついてる」という具合にあまりいいイメージがない。

だが、アプリの仕組みが女性側からしかできないのであれば、そんなイメージもつかないし、女性も気兼ねなくアプローチできるというもの。

返信が無くても傷つかない

さらにすごいのが、この「24時間の期限付きマッチング機能」だ。

誰しも、メッセージを送ったのに返事が無いとショックを受けるだろう。

男性だってそうなのだから女性ならなおさらだ。

だけど、この機能があることによって、男性から返信がなくても単にアプリを見てなかったか、仕事が忙しかっただけだという理由付けができるので、ショックを受けることもないのだ。

bumbleのアプリはTinderの元創業者の一人(女性)が26歳の時に独立してBadooの出資を受けてリリースされたものだ。

その理由が、「Tinder幹部からセクハラを受けて辞めた」というのだから、ここまで徹底して女性に配慮したのもうなずける。

bumbleの意味

bumbleの言葉の意味は「蜂の種類の名前」で、一般的にはbumble beeと使われるのだが、もう一つの意味がある。

それは「不可能を可能にする」ということ。

これは、このハチの体の構造が、そもそも理論上は空を飛ぶことができないはずなのに、飛んでいることに由来している。

今まで男性主導だった出会い系アプリの立場を逆転させる不可能を可能にできるのか、見ていくことにしよう。

 

アプリの評判・口コミ・評価

GooglePlay、AppStoreの評価・口コミやネットの評価サイトでの評判を見てみよう。

良い評価

”男性主導なのが女性主導になることでお互いが積極的になり、カップル成立の確率が上がる。”

”相手のプロフィール詳細を見る時に写真を上にスワイプするだけで見れる。わざわざページを読み込まないのでサクサク使える”

”スパムもない、有料アプリ。サクラもほとんどおらず使いやすい”

 

悪い評価

”ユーザー数が少なすぎる。5人位スワイプするともう近場には誰もいなくなる”

”女性主導なはずなのに、最初のメッセージが一言のみ。結局男性がリードしないといけない。”

 

アプリの使い方と登録方法

bumbleに登録して利用するためにはFacebookアカウントが必要なので、アカウントがない人は一つ作っておこう。

bumbleの登録画面

Facebook連動でログインしたら早速プロフィールを設定していこう。

 

アプリの構成はとてもシンプルで「プロフィール画面」「スワイプ画面」「マッチング・メッセージ画面」の3つの項目だけだ。

画面左上の「歯車マーク」をタップすれば「写真」「自己紹介文」「性別」「職業」「学歴」を設定する欄が出てくる。

Tinderと同じでとってもシンプルだ。

Bumbleのプロフィール設定画面

 

プロフィール写真はサクラや業者のなりすまし行為をふせぐため2段階認証となっており、公開写真とは別にアプリ内の写真で指定されたジェスチャーの自撮りしなければいけない。

Bumbleの自撮りポーズ

「一人で何やってんだろう?」と虚しくなる気持ちを抑えて、ガッツリポーズ決めて自撮しよう!

Snow殺しの本人認証システム

この機能の恐ろしいところは、アプリ内のカメラは補正機能が一切ないということだ。

そして、同一人物のチェック機能は精度がかなり良いので、なりすまし業者だけでなくガチ盛りの詐欺写真でも別人と判断されるて落とされてしまう。

bumbleの自撮り失敗

特に最近流行りのマッチングアプリでよくある、ガチ盛りSnow写真利用者とかほぼ全滅だろw

まぁ、そういう人はそもそもこのアプリ利用しないし、そういう部分が日本で流行ることがない理由なのだろう。

bumbleでは異性だけでなく友達を探すこともできるのだが、カテゴリーが「親友」以外に「男・女」と別れているのは、昨今のLGBTへの配慮からだ。

 

マッチング方法はTinderと同じ

「スワイプ画面」に相手が次々と表示されるので、気に入れば右スワイプ、興味なければ左スワイプすればいい。

Bumbleのスワイプ機能

もちろん相手には一切通知はされないのでズバズバスワイプしていこう。

お互いが右スワイプすれば晴れてマッチング成立となる。

Bumbleのマッチング

ここまではTinderと全く同じだ。

 

ただ、bumbleの場合は24時間制限付きマッチングがあるので、男性は女性からのメッセージを待たないといけない。

Bumbleの24時間制限マッチング

このシステムがレディーファーストとか紳士は待つものとか書いてあるが、ほんとにそうなのか?

最初に男性側からアプローチしてエスコートするのが紳士的な気もするが・・・

そして待てど暮らせど相手からメッセージがくることは無かった。。。えっ!?何故マッチングした!??

 

料金を払うと普通のマッチングシステムになる?

課金システムは月額制とコインチャージの2種類がある。

月額料金は比較的低めの金額になっている

Bumbleの月額料金

 

月額制に加入すると以下の機能が使えるようになる。

・BeeLineでいいねしてくれた相手がわかる

・期限切れマッチを復活させる

・24時間の期限を無制限に延長させる

うん。お金払って普通のマッチングアプリに近づいていってるね。

コンセプトがあるから色々と制限があるのは仕方ないけど、お金を使って普通のマッチングアプリになるって・・・・。

 

使ってみた評価・感想

実際に使ってみたが、第一に思ったことは、「人が少ない」ということだ。

近場の人から順番にスワイプしていくと、所在地が県内の人は4~5人目までで、そこからどんどん相手の所在地が遠くなっていく。

何回かマッチングはしたが、それ以降女性からメッセージがくることは無く、何もできない状態だった。

ただでさえお互いが「いいね」しないとマッチングしないうえに、女性からメッセージを送らなければならず、24時間の制限もあるので規制だらけで出会いが実現しないのだ。

こういった凝ったコンセプトのアプリだと無駄な縛りがあるので、出会いが2の次になってしまって、出会いがないという典型的なパターンになっている。

その点PCMAXではゴリゴリ出会いを全面に押し出して、出会うためのイベントもノウハウも豊富なので、最近のマッチングアプリでは出会いが難しい人にはオススメだ。

アプリの操作性は通常のマッチングアプリだと相手のプロフィール詳細は相手の画像をタップしてプロフィールページを開かないといけないが、bumbleは写真を上にスワイプするだけで見れるのでサクサク使えて、操作感はかなり良かった。

 

退会方法

退会方法は簡単で設定画面から「アカウント削除」をしてアプリを削除すればよい。

Bumbleの退会方法

管理人でも会えたアプリ

PCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

PCMAXなら、ピュアな出会いもカジュアルな出会いもサクッと楽しみたい方にピッタリ。

無料で登録と退会も簡単にできるから、お試しで使ってみよう。

登録の方法について詳しくはこちら→登録方法と使い方

 

   

 - 準大手アプリ